資格

介護福祉士の仕事内容

介護業界で仕事を続けている方は、それぞれのタイミングで資格取得を目指し、ステップアップをしている方も多いと思います。介護業界では様々な資格がありますから、資格取得をすることで収入アップを叶えている方もいるでしょう。介護福祉士の資格を取得した方の中には、「これから転職をしてはじめての介護福祉士としての仕事がスタートする」という方もいると思います。
では、介護福祉士求人ではどういった仕事内容となっているのか、ご紹介します。まず、介護福祉士としての主な仕事は、利用者の身体介護や生活援助などを行っていくことになります。時には、利用者の方や利用者家族からの相談を受けることもありますから、これらの対応も求められるでしょう。相談された際には、的確なアドバイスなどを行っていくことが大切となります。中には、「ホームヘルパーの資格とどう違うのだろう?」と思われる方もいると思います。ホームヘルパーの場合にはあくまでも公的資格となっていますが、介護福祉士の場合には国家資格となるのです。そして、収入面で資格手当などが付くことから、収入面でも変化があります。介護福祉士として経験を積んでいけば、介護者の指導なども任されることもあるでしょう。施設によっては、こういった責任ある仕事などを任されることもありますから、やりがいは今まで以上に大きくなりますよ。
介護福祉士として仕事をする際には、今までとは違った責任や仕事、プレッシャーなども出てくることになるかもしれません。プレッシャーは大きくなるかもしれませんが、その分待遇面でプラスになることも多いため、モチベーションを維持しながら仕事をすることが出来るのではないでしょうか。

Tags: ,

水曜日, 12月 2nd, 2015 介護福祉士の仕事内容 はコメントを受け付けていません。